我が家のにゃんことフェレットの日々をぼちぼち綴ります^^
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 頑張る小さな命
2011年04月09日 (土) | 編集 |
今のハックの現状を書くのは

とても辛いことですが

ちっちゃなちっちゃな命が頑張って生き抜いていることを

ここに残しておきたくて

ハックの横(酸素ハウスにいます)で書き止めようと思います・・




CIMG6332 - コピー
(4月始め頃我が家、酸素ハウスでスヤスヤ眠ってます)




前回の更新から2日後の日にちにして6日の夜

寝る前にハックのおしっこを出さなきゃと

いつもの様にマッサージしながらトントン刺激を与え

排尿をうながしていました・・

なかなか出ずに30分経過

ハックもすっかり疲れてしまったから休憩し

再び始めると少しずつおしっこが出始めたのだけれど

ハックの下半身はすっかり筋肉が衰えてしまった為に

膀胱から出ようとするおしっこを尿道が塞いでしまい

たまたま少し力めた時に尿道の開きが小さかったからか

胸に負担がかかってしまって(お腹から何かがグゥッと脹らみ上に動きました)

呼吸困難になってしまいました・・




CIMG6350 - コピー
(この日の昼間、少し元気がない、、)




慌てて酸素ハウスに入ってもらいましたが

薄いピンクの鼻がオレンジがかった色に変色し

何度も口を開いて、動かない下半身を軸に立て横にバタバタと

それは苦しそうにしはじめました

背中をそっとさすってあげると少しだけ和らぐようで

何せ夜中でしたから朝までこうして病院が開くのを待つしかありませんでした

朝方眠ってしまった事に気が付いて慌ててハックを見ると

まだとても苦しそうにしていました

病院の開く9時がすごーく長く感じました




CIMG6322.jpg
(前日の5日、まぁまぁな様子、、)




病院が開くと即座に酸素をキャリーに入れてもらい

(キャリーを大きな透明ビニール袋に入れて

        酸素投入していただきました)

ほんの少しの時間で随分と楽になり

落ち着いた所で先生からカテーテルの話をされました

このままおしっこが出なかったり出にくくなるのはとても危険な事なので

ハックにはまた辛いことをしてしまうけれどカテーテルをお願いしました



  ***少し痛そうな画像です***(わかりにくいかな)


CIMG6354 - コピー



そして、鎮痛剤を注射し様子を見てレントゲンになりました

呼吸が落ち着いたところでレントゲンを撮りましたが

またここで辛い報告を受けました

3月15日の地点では異常がなかったのに

胸水が溜まっていたのです

心臓も肥大していると言われました



DVC00395.jpg
(前回も添付しましたが比べるために・・)


              ↓  ↓


              ↓  ↓


DVC00008 - コピー
(短期間でこんなに真っ白になってしまいました、、)


 

ハックは胸に腫瘤もあるので

その腫瘤か肥大した心臓が胸に水を溜める原因だと言われました

これは苦しいのも当然で、早く抜かなければならないのだけれど

今のハックに麻酔は危険すぎて打てず

利尿剤を打ってどこまで胸水が抜けるかこれも個体によって違うようで

ハックにどこまで効くか打ってみないとわからないと言われ

それでも出来る事はなんでもしていただきたいので

祈る気持ちでお願いしました

この地点でお昼になり、経過を見ながらハックを夜まで預けました




CIMG6339 - コピー
(5日の夕方、、チロは何かを感じていたと思います)




そして夜、仕事から早めに帰宅したとぉしゃんと

ハックの元へ向かおうと準備をしていると病院から電話がありました

おしっこはよく出ているので利尿剤は効いていますが

「胸水がどれだけ摂れているかレントゲンを行なおうとしましたが

かなり敏感な状態になっていまして

その移動だけで呼吸が乱れて危険な状態になりました

今はICUで眠っていますがレントゲンで確かめることはできませんでした

お父さんもお母さんも早めに来てあげて下さい」・・と・・

即座に病院へ向かうとICUという温度湿度酸素を管理された

ハックには大きすぎるお部屋に入れられていました

横たわって疲れ果てた顔つきのハック・・

なんでこんなに苦しい思いをったっくさんしなきゃならないのか・・

涙が止まらなくなりました




CIMG6343 - コピー
(クゥちゃんもいつもと違うハックに動揺中かな?)




そして先生ととぉしゃんが話をしだしました

「利尿剤を打っても胸水が摂れていかなければ

どんどん苦しくなるだけで、そのまま時間を過ごすのは

ハックさんにとってそれはとても苦しいし痛みも伴うだけなんです

飼い主さんにとっても辛い選択ですが

安楽死を選んであげるという方法も已むを得ないと思います

一応念頭に入れておいてくださいね」


・・・そんな話が聞こえてきたことが信じられなくて

私達がハックの命を絶つなんて、そんなこと出来る訳ないと、、

絶対胸水は抜けていくから!!と

神様や仏様や先代の姫や華、ララーにも必死でお願いしました

その甲斐あってなのか、レントゲンでの確認はできないけれど

胸水の出は悪くはないと言っていただけました







その後、この状態のハックを病院で過ごすか

家に連れて帰るかという話になりました

連れて帰る間に最悪なことも起こりうる状態だといわれ

この夜は病院で預かっていただきました



色んな想いが交差してお互い口も聞けずに

私はただただ子供の様に泣けました

まだハックは生きてくれているのに・・








翌日、、

やはりハックの面倒は私が見たい

けど家に帰ったらしてあげられることは少なくなる

どうしようと悩みながら朝一番で病院へ向かいました



ハックは鎮静剤で眠っていましたが

時折首をのけぞっては下ろし、、またしばらくするとのけぞって・・

そんな動作を繰り返していました

「ハックン、、うちに帰る?かぁしゃんにハックンの面倒見せてくれる?」

何度もハックに問いかけました

午前中の診察を越える4時間を病院で過ごし

ハックを連れて帰る決心をしました


先生に帰宅してからのハックのお世話の方法や注意点

新たな薬の説明を受けて、いざ

ハックを連れて帰るキャリーを準備しようとした際

ICUの中のハックの様子が変わってきました



また呼吸困難で上半身をバタバタさせて苦しみだしたんです

先生が即座に少量の鎮静剤を打って下さりましたが

なかなか落ち着かなくて

連れて帰ろうとしていたことに

「ボクおうちに戻るのいやだよ」って

ハックが言っているのかもしれないとも思えました

うちに戻れば鎮静剤は打ってあげられないもんね・・

先生も「今は連れて帰るのは危ないからまた夜に考えましょう」と言いました

結局また家に戻りながら車の中でシクシクしてしまいました




そして夜、、

とぉしゃんと一緒に再びハックの元へ行きました

目は開いたまま、口も少し開いて、意識は遠のいていました

たまに気が付いて顔を少し起こし見てくれるのだけれど

またそのまま意識遠くなり

鼻がピクピクして開口呼吸になり、尻尾が膨らんで

苦しんでいるのがわかりました




DVC00013 - コピー
(ICUの中のハック、目は開いてますが意識は朦朧としています、、)




とぉしゃんともう何度も何度もハックをどうするか話し合いました

先生も手が空く度に来てくださって一緒に考えて下さいました

ハックの旅立ちを何処で迎えさせてあげるか

私もとぉしゃんも勿論うちに連れて帰りたい気持ちで一杯ですが

ただ、それが私達のエゴではないか・・

苦しい思いをして迎える最後と、少しでも苦しみを抑えてくれる病院と

決められずにまた診療時間を過ぎてしまいました



が、きめました

連れて帰ってきました

家までの道程は10~15分程・・

その途中で万が一のこともありうる覚悟も決めて

安全に且、急いで車を走らせ8分でうちに到着しました

ハックは少し苦しそうにしましたが

なんとか頑張ってくれました

帰ってすぐ酸素ハウスに入ってもらい

(あらかじめ付けて出てきました)横にさせると

一生懸命に匂いを嗅いでいたので

きっとうちに帰ってきたことがわかったんだと思います




CIMG6353 - コピー
(帰宅して10分程経過、この姿勢は今も変わりません、、)




帰ってからはぐったりと横になったまま

夜遅くまで眠ってくれましたが

夜中にまた呼吸が苦しくなっても

さすってあげることしかできずに

今現在は昨日帰宅したままの姿勢で

目と口は開いたままで、呼んでもわからない方が多く

意識はやはり遠のいています

酸素ハウスからはもう出られず

大好きなお散歩もできません

下半身も血の巡りが悪くなってしまって

伸びたままの後脚は硬くなって曲がらなくなってしまいました

残された時間はあと少ししかもうないです、、

どうか、これを読んで下さったみなさま

ハックが少しでも苦しむことが無いように

痛い思いをしないように

姫、華お姉ちゃんやララーの元へ迎えますようにと

一緒に祈って下さい

どうか、、どうか、、お願い致します、、、





そして、、

長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございます

途中何度もハックのお世話をしながら

そしていろんな思いにかられながら

この思いも決して忘れないように書きました

しっかりと読み直す気力がない為に

可笑しな文章になっていても許してくださいね




2470 - コピー
(昨年の元気いっぱいのハック☆ハンモックだ~いすきって言ってますよ~)




 それでもハックは元気だよ!
2010年10月26日 (火) | 編集 |
1703 - コピー
(去年の冬のハックン





先月末頃からハックの後脚に力が入らなくなり

ケージの上段に上るのを何度も失敗し

転がってる姿を見かけるようになり





1541 - コピー
(遊ぶの大好きなハックの為、色々と用意



1542 - コピー





ハンモックにたどり着くのに一苦労していたので

上段のない小さめのケージに変えてみたら・・





CIMG5204 - コピー





なんだかガラ~ンとしちゃいました





CIMG5206 - コピー (2)





・・が、、変えて1週間位で今度は

ハンモックに入ることすらも辛そうになってきたので

布製のベッドを置くことにしたんだけれど

トイレをもよおして起き上がっても

段々力がなくなる後脚に

前脚だけの力ではベッドから出られずに

ベッドの中でやむを得ず漏らしてしまう事ばかりで

洗濯が追いつかない為に

ダンボール(とか箱)に布を入れて

そこをベッド代わりにしてもらうことにしました(´~`;

ダンボールなら汚れたらスグ捨てられますからね





CIMG5399 - コピー
(また何かかんがえなくっちゃ


CIMG5400 - コピー
(トイレも這って入れる高さのないものにして、砂からシートに変えました)





でも、なんだか可哀想

ハックはハンモックが大好きだったからな・・(ノω・、)



                ※


                ※ 


                ※
    


ハックは1歳の頃に肝臓を少し悪くしてしまいましたが

それから徐々に病気が増えてしまって

来月は6歳を迎えるけれど

現在では・・○左肝のう胞

       ○前立腺肥大

       ○高グロブリン血症

       ○前胸部腫瘤(多分、胸線腫)

       ○低血糖症

これらの病気と闘っています




CIMG5361.jpg
(わからなくなっちゃうので日付と時間を書いてます





上から3つの病気は悪化しないで

長い間薬でなんとか治まってるけれども

1年前に発覚した胸にある腫瘤と

最近わかった低血糖症が、どーもよくありません






   (↑疲れたぁと一休み。。この時はこれでも結構歩けています





CIMG5396 - コピー





後脚の衰退もきっと低血糖からきているのではないかと・・





CIMG5397 - コピー
(寝起きとかだとこんな状態です





睡眠中に「キャン!キャン!」と

甲高いわんこの様な鳴き声で叫ぶこともしばしあって

これが胸が苦しくなって

低血糖の発作で起こることもあるらしく

そのまま亡くなる子も少なくないと聞かされ

ハックがこの奇声をあげる度に心臓が止まる思いです(´~`;

(フェレットは本来鳴かない動物で

 興奮したりした時にクックックッ!と小さな声で鳴く位です)


けれど、以前のように・・・とはいかないけれど

元気だけはありますよ(*^-^/

先日作ったササミジャーキーも

一生懸命に匍匐前進しながら「ちょ~だい~!」って

クゥちゃんに負けない勢いでした( ´艸`)ムププ





540 - コピー
(春頃のハック&レオン、この頃はよくふたりでおっかけっこしてました






薬の量も伴って増える一方だけれど

にゃんずに負けない位の勢いで

ハックは今日も頑張りますよ~p(´^ω^`)q





CIMG5257 - コピー
(うちの長老組で~す




*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*


いつもコメントをありがとうございます
楽しく拝見させていただいております
まだしばらくの間はコメントのお返事をお休みさせていただき
コメント下さった皆さんのサイトへ訪問させていただくことを
優先させていただこうと思います。
(サイトをお持ちでない方にはお返事させていただいております)
これからもどうぞ宜しくお願い致します~(*^▽^*)/




 ハックン5歳になりました☆
2009年11月16日 (月) | 編集 |

またまたプチご無沙汰でした

やっぱり、仕事の手伝いに行くと結構疲れて

に帰ればやることだらけで

家事をやっと終えて、PCの電源をONにしても

ちょっと横になってる内に

グガァァ~~~って

すぐ寝入っちゃったりして、体力なしんこの私です

ロクな仕事もしてないのにね・・


そーやって考えると

仕事をしながら日々ブログを更新している方達って

物凄いパワーだわぁ~~って

ほんと尊敬いたしますっ

そのパワーをへなちょこな私に分けてくださ~いっ



コピー ~ CIMG0013



                                



それから・・・しばし更新が出来なかった間・・

12日にハックンの5歳の誕生日を迎えました

人間の年にすると、ハックンは70歳位・・

もう老フェレさんの仲間入りだね・・

それでも、ハックンはめちゃめちゃ元気いっぱいで

レオンと相変わらずのおっかけっこは

日々続いていますよ~

                   


                   


                   


それから、にゃんこにゃみぽさんから

ハックンに贈り物が届きました~



コピー ~ CIMG2064



開けてみると・・



コピー ~ CIMG2066



こらこら、レオンのじゃないですよ~




うわ~~



コピー ~ CIMG2067
 


これからの季節にぴったりの超柔らか~いブランケットや

ハックンが大好きなササミのおやつ

可愛い玩具のおもちゃまで



コピー ~ CIMG2070



そして、、私にまでこんな素敵なプレゼント



コピー ~ CIMG2068



にゃんこ友達さんにハックンの誕生日を祝っていただくのは

とって~も嬉しいですっ


みぽさん

  あったかいお気持ちを本当にありがとうねっ







そしてそして、、BELLEの子供達イヴさんからも



CIMG2209.jpg



ダンボールいっぱいのみかんが届きました~



CIMG2207.jpg



イヴさん、毎年毎年ありがとうねっ


早速お隣さんにも(とぉしゃん実家)お裾分けさせていただきました
 (写真はお裾分け分を取り除いた後・・それでもまだたっくさ~んあります


甘くってめっちゃ美味し~よ~



シミジミと幸せを感じておりますよぉ~~~



                  


                  


                  



そして、我が家では・・

仕事後でゆっくり時間がとれなかったので

前日焼いたスポンジに簡単にデコレーションしてみました

・・とは言っても、愛情は半端なくたっぷり・・はいってますよ



コピー ~ CIMG2071



ハックン&とぉしゃんとハッピバースデーを歌って(子供は塾ですよん



コピー ~ CIMG2081



テーブルの下でジーッと見てたレオンも参加して・・



コピー ~ CIMG2083



楽しい(人間だけ)ハックンバースデーを過ごしました



コピー ~ CIMG2074
コピー ~ CIMG2075



色々病気はあるけれど

とにかくハックは元気に毎日過ごしています



この1年もみんにゃと仲良く

楽しく元気に過ごしていこうね



ハックン、だ~~~いすき


コピー ~ CIMG2193
(あったかいから、目がウツロですよ~



 通院
2009年08月29日 (土) | 編集 |

今週水曜日、ハックを病院に連れて行きました




コピー ~ CIMG0988
                              珍しく自らキャリーにはいりました
  


ハックは月に1度リュープリンという注射を打つ為に病院に通っています




コピー ~ CIMG0989




これは過剰ホルモンの分泌を抑え


副腎疾患の諸症状をを改善する為の注射



この注射のお陰で、あちこちの薄くなっていた毛皮がちゃんと生え揃いました




コピー ~ CIMG0992
                                    今回は鳴きませんでした  



でも、心配なんです




今現在、ハックは色々な検査で副腎腫瘍の疑いをもたれていて


様子を診ていく為にこの注射を春位から投与し始めたのだけど


リュープリン注射が効いて毛皮が揃い始めたという事は・・


副腎腫瘍の可能性が益々高くなったという事ではないですか


不安になったので先生に聞いたら、「そうゆうことになりますね・・」と・・




コピー ~ CIMG0991
                                         もうすぐ終わるからね~



そろそろ前回の検査から半年近く経つので


また沢山検査しなければいけないんだろうな・・


ちょっと怖いです・・・








それから、ハックは他にも病気をもっています


高グロブリン血症

肝臓疾患

前立腺尿道肥大


と、、前回レントゲンにリンパ種らしきものも発見されてしまいました




コピー ~ CIMG0993
                         お利口だったねお薬もらったら帰ろうね



けれどね、、ハックは元気です


今朝もおやつくれよぉ~~と


私の足元にやってきて


足をかきかき催促してきます




コピー ~ CIMG1024




そしておやつを食べたらレオンと追っかけっこをしていましたよぉ





病気を持ってる様になんて全く見えません


今はとにかく元気一杯です


なのでみなさん、心配しないで下さいね




ハックのその元気パワー

私の目一杯の愛情



病気なんてフッ飛ばしちゃうわさ~~~っ




コピー ~ CIMG1022








しかし・・ほんと~にフェレットは病気の多い動物だと思います


その原因は生後数週間以内の去勢・避妊手術によるものからだそうですが


可愛いさかりの生後5週間~8週間迄位にはショップに到着させる為に


本来ならば身体が出来上がる半年位に行う手術を


産まれて間もないフェレット達に施してしまうらしいのです


そうする事で、小さい可愛らしい大きさを保ち飼育しやすくするのです。
    (本来はおおよそ成猫程位の大きさになります





私がハックと暮らし始めた時、他に姫と華も2匹いましたが


上記の様な事は何も知らず、ただ可愛く飼育しやすいからと


ハックを迎い入れました・・・



コピー ~ NEC_0075 仲良く2匹でねんね


コピー ~ NEC_0003 画像が悪くてスミマセン




まさに、生産者の思惑どーり






本来あるべき姿を


本来あるべきでない姿に変えてしまった人間・・


その為に引き起こす病気の数々・・


そして、そんなハックと暮らす私・・私も人間・・


そんな事考えた時は、何だかちょっと落ち込んじゃう私でした




20090829104406d84s[1] 2004・12・24ハックがやってきた~




 ハックン登場!
2009年08月10日 (月) | 編集 |

ハックが可愛いといってくださる方がみえたので
       (ありがとうございまーす


調子にのった私は、、こんな動画を見ていただきたいな~と・・


お時間のある方、ハックのまいまい(うちではこう呼んでます)を


見てやってくださいませ~

















まいまいできそうな物を見つけると


とりあえずにゃんこ組に邪魔されない個室(?)に咥えて運び


ひたすらまいまいまいまい一人遊びを続けます







ところが、このオレンジ色のニンジンさん


レオンがちっちゃーい時からいつも一緒にいた謂わば相棒なので


まいまいを見つけた時には猛ダッシュ
   




コピー ~ CIMG0593






その音にビックリしたハックも猛ダッシュ
   (↓イメージ像・・使い回しですぅ





CIMG0380.jpg

    




部屋の中での逃げ足ならば、断然ハックの方が速いので


アッという間にレオンの手の届かない所へ隠れてしまいました






コピー ~ CIMG0130





多分いつもの所です





コピー ~ CIMG0129





ほら、やっぱり


でも、少し時間が経った後だったので


すっかり眠っていました~





コピー ~ CIMG0131





体は1400gと小さいですが(フェレットにしては大きめです・・


にゃんこ達にも認められ


大きな顔して家中お散歩出来る様になりました


じゃらしで一緒に遊んだりもしますし


基地ににゃんこ組のおもちゃを隠したり(笑)


たまにレオンに追っかけられたり、おっかけたりして日々過ごしています





こんなフェレットハックですが


にゃんこと暮らす皆さま~


ハックと仲良くしてやってくださいっ


どうぞよろしくおねがいしますネッ





2008_05065月05日20078






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。