我が家のにゃんことフェレットの日々をぼちぼち綴ります^^
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ニャン家族の保護☆前編
2009年09月09日 (水) | 編集 |


今日の昼間は涼しい風が部屋中をふきぬけて

達もそれぞれお気に入りの場所で爆睡でした

さて、今日はいよいよニャンの保護です

また長くなりますが聞いて下さいね



コピー ~ CIMG1032



                     ☆

                     ☆

                     ☆




まずはその方法で・・

親子3匹揃って無事に保護するにはどうすればいいのか・・

子供達は仔猫といえど

これまた母に似て物凄い威嚇をいっちょ前にするし

外での素手掴みは到底難しい

捕獲器はないし、、仮に病院で借りられたとしても

1匹ずつの保護になる為に3匹確実に保護できるかとゆう不安

他にネットの中の記事には

捕獲器での保護は結構大きな音がする為に

猫が益々怯えるだとか怪我をする可能性も高い・・

だとか書いてあってどうも気が進まず

また他の方法を調べてる内に



フッとひらめいた



姫が病気の時に隔離で使っていたラビットケージがある

ケージにしては小さめだけど、大きめのキャリー位は十分にあって

上下で組み合わせる仕組みになっているもの。



コピー ~ CIMG1133


作戦はあまりにも大胆だけど


なぜだかこれだ~これに かけようと思いました



まずは底の部分を即座にベランダに設置して

この物体に慣れてもらおう

この中でご飯をあげることにしました



コピー ~ CIMG1125



・・警戒はするだろうとおもいきや

その日のご飯から、クンカふた嗅ぎ程度だけでなんのためらいも無くなく

ニャンは中に入りご飯を食べ出しました

続いておちび達も入り親子揃ってご飯をパクパク



出足好調~



コピー ~ CIMG0959



後は上部うちの床からベランダの段差を利用すると

この高さがちょうどいい視覚になって

ご飯を食べるニャン達には

見上げてみないとこの上部には多分気がつかない

でも警戒心の強い子だから、その日がくるまでベランダ扉の片側に隠してきました。



CIMG1129.jpg



                    ☆

                    ☆

                    ☆



そして一週間程経ち、いよいよ決行しようと思った朝は

起きた途端からハラハラドキドキしていました




コピー ~ CIMG0329




・・・そんな事とは知らず、いつもの様に三匹がやってきました


ドキドキドキドキドキドキドキドキ・・・・・・


いつもより慎重~にご飯を置く場所を定めて置いて・・


三匹が揃ってご飯を食べだしました・・


ドッキドキがMAXになってきたのがニャンに伝わらない様に


落ち着いて・・・


と自分に何度も言い聞かせて

片側の扉に隠していたケージ上部のこれまた上部を

そーっと、でもがっちりわしずかみし・・




コピー ~ CIMG1136




気がつかないでね・・・(>人<)・・と祈りながら


息を潜めて・・ニャン達の真上ロックオン


そして、そーっと背中辺りまで下ろしたら、、後は一気に下ろしました



ガシャーン



コピー ~ CIMG1127




その瞬間にニャン達は大暴れし


私は青ざめました・・・


なんと仔猫が1匹わずかな隙間から抜け出して


逃げてしまったんです



コピー ~ NEC_0109
          (↑逃げてしまった子
                   コピー ~ NEC_0103(←保護できた子)
   



今度は焦りました



とりあえずはニャンと仔猫のケージをしっかりセットし

大きな布を被せて「大丈夫だからね・・」と何度もニャンに声をかけながら

外の仔猫を探すと・・

少し離れた草むらの中からニャンを一生懸命呼んでいました

その声を聞いて又ニャンも仔猫を呼んでいました・・

この時、ニャンは一体なんと呼びかけていたのかな・・

今までに聞いた事の無い鳴き方でした・・・



コピー ~ CIMG0937



仔猫は私が近付けば近付く程どんどん離れてしまうし

困った私は、、まさに一休さん状態で

カラーン、カラーン、カラーン、カラーン(←考え中


無い知恵を振り絞ったら、、またまたひらめきました~




私がいなくなればきっと仔猫は近付いてくるハズ・・

なので、、ニャンがいる部屋は外扉を開けっ放しにし、内扉は閉めて

私は隣の部屋に隠れ、カーテンの隙間から仔猫が来るのをジーーッと待ちました



コピー ~ CIMG0347
当時の(奥に見える扉の所で保護しました




どれ位経ったでしょう・・30分位かな・・

仔猫の声が段々近付いてきました

そして、、、あがりました~~


間違いなく仔猫が部屋にあがったのを確認したら

そーっとベランダ越に隣の部屋へ行き、扉をバシッと閉めたのです



叫びましたよ~近所の目も気にせずに


よかったぁ~~~~ってね



コピー ~ CIMG0555



その後は、部屋に戻り仔猫と数分格闘~

シャーシャー言ってましたが

まだ2ヶ月にも満たない仔猫

そっと、、やっと抱き上げて母の元へ・・



そしてあらかじめ調べておいた獣医さんにをしたら

急にも関わらず、すぐに連れてきなさいと言ってくださり

3匹を連れていきました



コピー ~ NEC_0102



車内では3匹は怯えまくり、布から少しでも覗き込むと

容赦ないニャンの威嚇を浴びせられました




怖い思いさせてごめんね・・

でも、あとちょっとだけ頑張ったら

その先はなんにも怖いことないからね・・

ニャンちゃん、信じてね・・・

子供達も必ずみんな幸せになれるから・・





そんな事を話しながら、獣医さんに向かいました・・



コピー ~ CIMG1033



ハイ、すみません

まとめるのが苦手でして・・

またも次回に続かせていただきますね




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
姫さん、こんばんわ^^

ハラハラどきどき、思わずリアルタイムで
その場にいたような気分で読んでしまいました

無事、みんなを保護したとこでは
一緒によかったーってさけんでもうた><

こにゃんこちゃんがどうなったのか
めっちゃ気になるとこやねんけど

病院に向かう姫さん
みんにゃ、頑張れ~って気持ちで
次回を楽しみにしています

とりあえず、良かったー
2009/09/09(水) 22:18:08 | URL | みぽ #CeIfeFHM[ 編集]
すごい!いきなり全員を保護しようとは。
猫苦手さんんが・・・ただただ姫さんの実行力には頭がさがりますよ。
もう、すごいとしか言えない。
読んでいて手に汗でした。
まだ、どきどきしてます。
姫さん、あんたは凄いですよ^♪
2009/09/09(水) 22:32:20 | URL | ムクムク #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/09(水) 22:35:24 | | #[ 編集]
手にアセ握るスリルが呼び物
がんばったね。
なにかに(猫の守護の天使に)とりつかれたような姫さん、パワー全開。
最初から最後まで、読者を一機に惹きつけるリズムの良さ。。
そして、3ニャンコの運命は。。。。

ぎゃ~ はやく次回がみたいよ~
2009/09/10(木) 00:27:46 | URL | おぴ #einYLH9.[ 編集]
すご~い!
ドキドキしながら読み進みましたよ。
やはりここはお母さんのニャンちゃんを先に保護できたっていうのが大きかったんでしょうね。
子猫だけだったら、ニャンちゃんを捕まえるのはもっと大変だったでしょうから。
やっぱり、姫ハックン☆さんにガンバレと神様が後押ししてくれたんだと思いますよ。
続きをまってま~す!
2009/09/10(木) 00:46:34 | URL | にこまる★ママ #-[ 編集]
眠気も吹っ飛ぶ展開に読んでて感動しちゃった。
姫さん、ホント良く頑張ったね。
ニャンちゃんと仔猫たち
ひめさんの勇気がなかったら
今の幸せはなかったんだもんね。
さてさて、皆さん続きが早くみたいようですよ(^^♪
姫さん、ガンバ!


2009/09/10(木) 02:15:56 | URL | イヴ #-[ 編集]
いつもコメントありがとうございますぅ♪
★みぽさんへ

みぽさんも一緒にドキドキしてもらえましたか↑
よーし作戦どーり♪(どんな作戦??)
も~それはバクバクバクバク・・・エンドレスで
保護は心臓に悪いです~\(^ε^*)

病院に連れて行く時はね
3匹がくっついてちっちゃーくなって
可哀想だったけれど
これを乗り越えなくては幸せには導かれんもんね・・

こにゃんこ・・さてどーなるでしょーか(*^0^*)/
次回までちょいとお待ちくださいニャン☆


★ムクムクさんへ

3ニャン一緒じゃないとその後の苦労も3倍だし
何よりも3ニャンを離れ離れに保護するのが
どーしてもイヤだったので
絶対3ニャン一緒に!!とめっちゃ意気込んでました\(^▽^*)
人間為せば成るものなのです~♪


★おぴさんへ

猫の守護の天使~(*> <*)/
うわ~~♪みたーーい♪
想像したらドラゴンボールのかりんさまが
出てきたニャ~(*^ε^*)
でもね、ホントあの時の私のパワーは
凄かった~↑↑
お陰で今がヘロヘロですぅ~(^^;:)
2009/09/10(木) 13:52:42 | URL | 姫ハックン☆ #-[ 編集]
★にこまる★ママさんへ

そうですよね、、あの時逃してたのがニャンだったら・・
帰ってきてくれなかったかもしれないですもんね(^^;:)
あの時のパワーは今の私には考えられない位のもので
ホント何かに背中を押されたんだと思います。。
いや~いい経験(?)させていただきました(笑)


★イヴさんへ

そんな深夜に眠気が吹っ飛んだらだめだよぉ~
イヴさんには、ちゃ~んと睡眠とってもらわなきゃね(^ε^)o

あの時の私はなんだったんだろうね・・
不思議で仕方ないの・・
おぴさんが言うみたいに猫の守護さまが
背中を押してくれたのかもしれないよね・・\(^▽^*)
2009/09/10(木) 14:03:56 | URL | 姫ハックン☆ #-[ 編集]
こんにちは~あぁーーードキドキしたよ。
捕獲器って確かに怖いよね。しかも1匹だったらいいけど何匹も居て一度失敗したら怖がって近づかないって言うし。
ケージ作戦ってよく思いついたね!!
あぁー文章読みながらドキドキした。
1匹が出ちゃってよくそこで冷静に考えたわ。ほんと私ならダメだーってパニックになっちゃってそうなのに。
よかったー戻ってきてくれて保護できて。
その子一匹だけ取り残されたらもうどうなってたかだもんね。

その後お医者さんに行くんだね。
わ~また続きが楽しみだよ~
2009/09/10(木) 15:54:15 | URL | ちか #-[ 編集]
ああ
よかった!よかった!
子ニャン1匹だけ無理だったということになったら親猫を保護したのがかえって可愛そうになってしまう。
こういう一瞬で判断しなくちゃならない時、ウダウダ迷っていたら全て水の泡、という時は人間の力量の問題。
姫さん 立派!
咄嗟の的確な判断、相手(猫)の出方を予想するとか、姫さんに力量があってこそ成功した保護ですね。
2009/09/10(木) 16:35:14 | URL | 多摩子 #-[ 編集]
こっちもハラハラドキドキですよ~(笑)
でも、天は姫ハックン☆さんに味方しましたね!
それも、逃げられたのに、ちゃんと保護出来て。
素晴らし~!
感動だっ!(笑)
次も楽しみにしてます。はいっ♪

あっ、今更ですが、リンクさせて頂いてよろしいでしょうか?
2009/09/10(木) 23:39:23 | URL | サスケのママ #-[ 編集]
ふうぅ~
遅れを取りましたが、peekoも皆さんと同じく「手に汗を握り」ながら読ませて頂きました。^^;
姫さんの判断の良さが3にゃんの保護に繋がったんですね。
peekoは職業柄、こんなケースに遭遇する事が多いです。
相談を含め。。
でもみんな他力本願で「本気でやる気あんのか?」的ケースが多いの。(泣)
姫さんみたいなヒトだったら、何が何でも手助けしたくなります。
peekoはこーゆー時、結構使えます。←自我自賛!

逃げた仔猫も保護してくれてありがとう☆
続きを楽しみに…
2009/09/11(金) 21:47:52 | URL | peeko #dDm6s.8Q[ 編集]
いつもコメントありがとうございますぅ♪
★ちかさんへ

私もね、パニックになりそうだったよ~
でも、落ち着かなきゃ!!って何度も言い聞かせたの。

待ってももう1匹の子が戻ってこなかったら
タモ持って捕まえにいく事も考えてたよ\(^^;:)
けど、きっと来るって思ったの!
待ってみて良かった~~~☆

それを考えると
ちかさんはココアちゃんやみかんちゃんやチョコちゃんを
みーんなちゃんと連れて帰ってきて
ほんとアッパレですよ~(*^0^*)/


★多摩子さんへ

う~~、、そんなに褒められると溶けちゃいますニャ(^^;:)

・・・あの時は他に猫友さんがいなくって
とにかく頼れるのは自分だけでした。
絶対に3匹を一緒に保護するっ!!!
その強い一念が、私の魂そのものを動かしてくれた様な
気がします。。
びっくりする位夢中でしたもん\(^^;:)
けど、本当にみんな無事に保護できて良かったデス☆


★サスケのママさんへ

ありがとうございます☆
そーなんです!
あの時は、何かが私にとりついたかの様な
そんな感じでした(^^;:)
猫神様のお陰かもしれないです♪

リンク!私もそう思っていたところでした☆
早速貼らせていただきますね♪
これからも宜しくおねがいしま~す(*^0^*)/
2009/09/11(金) 21:48:25 | URL | 姫ハックン☆ #-[ 編集]
★peekoさんへ

いつもはポケーっとしてる頭が
あの時はよく働いたもんだと今更ながら思うよ(^ ^;

そっか、、peekoさんは動物病院の看護婦さんだから
人よりも多く相談とか受けるんだね・・それも大変だね・・(´`;)

私は当時はなにせまだはっきり猫好きとは言えず
だから猫友さんもいなくって
自分しかいなかったからあれだけ出来たんだよ~\(^^;:)
今度何かあったら、peekoさんに泣いてすがろうかな(笑)
2009/09/11(金) 22:03:49 | URL | 姫ハックン☆ #-[ 編集]
(*`д´)b OK!
泣いてすがる前に「相談」してくんなまし。^^;ふふふ。。
2009/09/12(土) 21:47:29 | URL | peeko #dDm6s.8Q[ 編集]
★peekoさんへ

わ~い♪♪ありがと~~(*^0^*)/
めっちゃ心の支えになちゃいましたわ☆
その時がきたら、宜しくお願いしますニャo(^-^)o
2009/09/14(月) 14:17:55 | URL | 姫ハックン☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。