我が家のにゃんことフェレットの日々をぼちぼち綴ります^^
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 頑張る小さな命☆2
2011年04月20日 (水) | 編集 |


ご心配をおかけしたまま中々更新出来なくてごめんなさい<(__)>

ハックを病院から連れて帰って

今日で12日経過しました

ハックは今も酸素ハウスの中で頑張ってくれています

帰宅後数日はそれは苦しそうで

見ていることしか出来ないのがとても辛くて

こんな酷い試練をハックに与える神様に

怒りさえ覚えてしまいました

でも、ここしばらくは穏やかに眠ってくれる時間もできました

一昨日往診に来て下さった先生も

「今日明日もつかどうかの状態だったのによく頑張ってるね」

と驚かれていましたよ

薬が効いているのもあるかと思いますが

みなさんが一緒に祈って下さった想いも

きっと届いているのだと思っています

ハックの為に祈って下さったみなさん

本当に本当に、ありがとうございました

心の底から感謝していますっ<(__)>




CIMG6361 - コピー
(苦しいのが治まったね・・)
       CIMG6358 - コピー
        (抱えているのはお守りです)




ハックはフェレットの中では大きな方で

これまで平均で1300グラム程ありましたが

8日の退院当時に950グラム・・

そして先生の往診時には820グラムまで落ちてしまいました

ハックの食事は退院時先生に

「ダックスープ(アイソカルと言う高栄養食にカリカリを混ぜて作ったもの)を

4時間置きに10ccは与えて下さい」と指示していただきましたので

そのダックスープと

そして、酸素ハウス内は乾燥気味で喉が渇く様なので

2時間ずらしてこちらも4時間置きに

ハックの大好きなササミを茹でたスープを10~12ccと

後は、以前ララーに作っていた介護食を

ハックが喜んで食べていたので

ササミと人参とほうれん草とご飯と煮干しを煮て



       CIMG6380.jpg
        (やわらかく煮ます)



ミキサーでスープ状にしたものをティースプーンに軽く1杯を

1日に2~3度なんとか頑張って食べてもらっていますが



        CIMG6381.jpg
         (色は悪いけれど愛情も栄養もたっぷり!)



それでも体重は落ちていくばかりで

2週間前はあんなにプ二プ二していた体も

撫でるとゴツゴツと骨が当たり

肋骨やお尻の辺りの骨は突き出してしまいました

けどそんな体でも、そっとマッサージしてあげると

気持ち良さそうに目を細めてくれるんですよ



CIMG6242 - コピー
(これは入院前の写真ですが、こんな感じに目を細めます)



前脚も力が無くなってしまい

もう頭を左右に動かすことが精一杯なんだと思いますが

それでも今を頑張って生きてくれています・・



CIMG6369 - コピー
(この後また呼吸困難に・・)



もう時間はありません

温かいハックに触れながら

たっくさんの感謝の言葉と

心から愛している事を何度も何度も伝え

初めて家にやってきた時の話や

腕白で手に負えなかったこと

楽しかった思い出、、

たっくさん毎日お話しています



CIMG6377 - コピー
(酸素ハウスからジーッと私を見ていました)



ちっちゃな私の天使

どうか、、もう苦しい思いをしませんように・・

その時、どうか安らかに旅立てますように・・

今はただただそれだけが願いです



CIMG6376 - コピー
(これまでで一番穏やかな顔です)



みなさんの力を、どうぞまた分けて下さいねm(__)m



今回はコメント欄を閉じさせていただきますね

  みなさんの所になかなか行かれなくってごめんなさい



スポンサーサイト

 頑張る小さな命
2011年04月09日 (土) | 編集 |
今のハックの現状を書くのは

とても辛いことですが

ちっちゃなちっちゃな命が頑張って生き抜いていることを

ここに残しておきたくて

ハックの横(酸素ハウスにいます)で書き止めようと思います・・




CIMG6332 - コピー
(4月始め頃我が家、酸素ハウスでスヤスヤ眠ってます)




前回の更新から2日後の日にちにして6日の夜

寝る前にハックのおしっこを出さなきゃと

いつもの様にマッサージしながらトントン刺激を与え

排尿をうながしていました・・

なかなか出ずに30分経過

ハックもすっかり疲れてしまったから休憩し

再び始めると少しずつおしっこが出始めたのだけれど

ハックの下半身はすっかり筋肉が衰えてしまった為に

膀胱から出ようとするおしっこを尿道が塞いでしまい

たまたま少し力めた時に尿道の開きが小さかったからか

胸に負担がかかってしまって(お腹から何かがグゥッと脹らみ上に動きました)

呼吸困難になってしまいました・・




CIMG6350 - コピー
(この日の昼間、少し元気がない、、)




慌てて酸素ハウスに入ってもらいましたが

薄いピンクの鼻がオレンジがかった色に変色し

何度も口を開いて、動かない下半身を軸に立て横にバタバタと

それは苦しそうにしはじめました

背中をそっとさすってあげると少しだけ和らぐようで

何せ夜中でしたから朝までこうして病院が開くのを待つしかありませんでした

朝方眠ってしまった事に気が付いて慌ててハックを見ると

まだとても苦しそうにしていました

病院の開く9時がすごーく長く感じました




CIMG6322.jpg
(前日の5日、まぁまぁな様子、、)




病院が開くと即座に酸素をキャリーに入れてもらい

(キャリーを大きな透明ビニール袋に入れて

        酸素投入していただきました)

ほんの少しの時間で随分と楽になり

落ち着いた所で先生からカテーテルの話をされました

このままおしっこが出なかったり出にくくなるのはとても危険な事なので

ハックにはまた辛いことをしてしまうけれどカテーテルをお願いしました



  ***少し痛そうな画像です***(わかりにくいかな)


CIMG6354 - コピー



そして、鎮痛剤を注射し様子を見てレントゲンになりました

呼吸が落ち着いたところでレントゲンを撮りましたが

またここで辛い報告を受けました

3月15日の地点では異常がなかったのに

胸水が溜まっていたのです

心臓も肥大していると言われました



DVC00395.jpg
(前回も添付しましたが比べるために・・)


              ↓  ↓


              ↓  ↓


DVC00008 - コピー
(短期間でこんなに真っ白になってしまいました、、)


 

ハックは胸に腫瘤もあるので

その腫瘤か肥大した心臓が胸に水を溜める原因だと言われました

これは苦しいのも当然で、早く抜かなければならないのだけれど

今のハックに麻酔は危険すぎて打てず

利尿剤を打ってどこまで胸水が抜けるかこれも個体によって違うようで

ハックにどこまで効くか打ってみないとわからないと言われ

それでも出来る事はなんでもしていただきたいので

祈る気持ちでお願いしました

この地点でお昼になり、経過を見ながらハックを夜まで預けました




CIMG6339 - コピー
(5日の夕方、、チロは何かを感じていたと思います)




そして夜、仕事から早めに帰宅したとぉしゃんと

ハックの元へ向かおうと準備をしていると病院から電話がありました

おしっこはよく出ているので利尿剤は効いていますが

「胸水がどれだけ摂れているかレントゲンを行なおうとしましたが

かなり敏感な状態になっていまして

その移動だけで呼吸が乱れて危険な状態になりました

今はICUで眠っていますがレントゲンで確かめることはできませんでした

お父さんもお母さんも早めに来てあげて下さい」・・と・・

即座に病院へ向かうとICUという温度湿度酸素を管理された

ハックには大きすぎるお部屋に入れられていました

横たわって疲れ果てた顔つきのハック・・

なんでこんなに苦しい思いをったっくさんしなきゃならないのか・・

涙が止まらなくなりました




CIMG6343 - コピー
(クゥちゃんもいつもと違うハックに動揺中かな?)




そして先生ととぉしゃんが話をしだしました

「利尿剤を打っても胸水が摂れていかなければ

どんどん苦しくなるだけで、そのまま時間を過ごすのは

ハックさんにとってそれはとても苦しいし痛みも伴うだけなんです

飼い主さんにとっても辛い選択ですが

安楽死を選んであげるという方法も已むを得ないと思います

一応念頭に入れておいてくださいね」


・・・そんな話が聞こえてきたことが信じられなくて

私達がハックの命を絶つなんて、そんなこと出来る訳ないと、、

絶対胸水は抜けていくから!!と

神様や仏様や先代の姫や華、ララーにも必死でお願いしました

その甲斐あってなのか、レントゲンでの確認はできないけれど

胸水の出は悪くはないと言っていただけました







その後、この状態のハックを病院で過ごすか

家に連れて帰るかという話になりました

連れて帰る間に最悪なことも起こりうる状態だといわれ

この夜は病院で預かっていただきました



色んな想いが交差してお互い口も聞けずに

私はただただ子供の様に泣けました

まだハックは生きてくれているのに・・








翌日、、

やはりハックの面倒は私が見たい

けど家に帰ったらしてあげられることは少なくなる

どうしようと悩みながら朝一番で病院へ向かいました



ハックは鎮静剤で眠っていましたが

時折首をのけぞっては下ろし、、またしばらくするとのけぞって・・

そんな動作を繰り返していました

「ハックン、、うちに帰る?かぁしゃんにハックンの面倒見せてくれる?」

何度もハックに問いかけました

午前中の診察を越える4時間を病院で過ごし

ハックを連れて帰る決心をしました


先生に帰宅してからのハックのお世話の方法や注意点

新たな薬の説明を受けて、いざ

ハックを連れて帰るキャリーを準備しようとした際

ICUの中のハックの様子が変わってきました



また呼吸困難で上半身をバタバタさせて苦しみだしたんです

先生が即座に少量の鎮静剤を打って下さりましたが

なかなか落ち着かなくて

連れて帰ろうとしていたことに

「ボクおうちに戻るのいやだよ」って

ハックが言っているのかもしれないとも思えました

うちに戻れば鎮静剤は打ってあげられないもんね・・

先生も「今は連れて帰るのは危ないからまた夜に考えましょう」と言いました

結局また家に戻りながら車の中でシクシクしてしまいました




そして夜、、

とぉしゃんと一緒に再びハックの元へ行きました

目は開いたまま、口も少し開いて、意識は遠のいていました

たまに気が付いて顔を少し起こし見てくれるのだけれど

またそのまま意識遠くなり

鼻がピクピクして開口呼吸になり、尻尾が膨らんで

苦しんでいるのがわかりました




DVC00013 - コピー
(ICUの中のハック、目は開いてますが意識は朦朧としています、、)




とぉしゃんともう何度も何度もハックをどうするか話し合いました

先生も手が空く度に来てくださって一緒に考えて下さいました

ハックの旅立ちを何処で迎えさせてあげるか

私もとぉしゃんも勿論うちに連れて帰りたい気持ちで一杯ですが

ただ、それが私達のエゴではないか・・

苦しい思いをして迎える最後と、少しでも苦しみを抑えてくれる病院と

決められずにまた診療時間を過ぎてしまいました



が、きめました

連れて帰ってきました

家までの道程は10~15分程・・

その途中で万が一のこともありうる覚悟も決めて

安全に且、急いで車を走らせ8分でうちに到着しました

ハックは少し苦しそうにしましたが

なんとか頑張ってくれました

帰ってすぐ酸素ハウスに入ってもらい

(あらかじめ付けて出てきました)横にさせると

一生懸命に匂いを嗅いでいたので

きっとうちに帰ってきたことがわかったんだと思います




CIMG6353 - コピー
(帰宅して10分程経過、この姿勢は今も変わりません、、)




帰ってからはぐったりと横になったまま

夜遅くまで眠ってくれましたが

夜中にまた呼吸が苦しくなっても

さすってあげることしかできずに

今現在は昨日帰宅したままの姿勢で

目と口は開いたままで、呼んでもわからない方が多く

意識はやはり遠のいています

酸素ハウスからはもう出られず

大好きなお散歩もできません

下半身も血の巡りが悪くなってしまって

伸びたままの後脚は硬くなって曲がらなくなってしまいました

残された時間はあと少ししかもうないです、、

どうか、これを読んで下さったみなさま

ハックが少しでも苦しむことが無いように

痛い思いをしないように

姫、華お姉ちゃんやララーの元へ迎えますようにと

一緒に祈って下さい

どうか、、どうか、、お願い致します、、、





そして、、

長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございます

途中何度もハックのお世話をしながら

そしていろんな思いにかられながら

この思いも決して忘れないように書きました

しっかりと読み直す気力がない為に

可笑しな文章になっていても許してくださいね




2470 - コピー
(昨年の元気いっぱいのハック☆ハンモックだ~いすきって言ってますよ~)




 ハックンの近況報告
2011年04月04日 (月) | 編集 |
ララーがいなくなって3ヶ月経っても

ララーやハックへも、みなさんから温かい言葉や

応援をたっくさん頂いて本当に本当に嬉しかったです(ノ∀`)ゝ

読ませて頂きながらまた涙が止まらなくなってしまいました

こんな拙いブログにお付き合いして下さるみなさんの

優しい気持ちに深ーく感謝しています<(__)>

ブログしていて良かったです(かなりノロノロですが

ありがとうございました(*≧◇≦)/



CIMG4887 - コピー
     



     ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆




昨日はララーの百ヶ日法要に行ってきました。。

(本当は7日です

御坊さんにお経をあげていただいている時に

不思議な事が起こりましたよ~ヾ(≧▽≦)ノ彡

祭壇に飾ってあるお花の中の一輪が

なんと上下にフリフリしたんですw(☆0◎)w

そこは室内で風などは勿論、暖房器具等も作動していなかったので

驚いて隣のとぉしゃんを覗き込みましたが

とぉしゃんは気がつかなかったって・・


これはきっとララーだと思いました

姿は見えなかったけれど、ララーを側に感じました☆

お花が大きく上下したので「私はとっても元気だよ」って

伝えてくれたのかと思いましたよ

ねっきっとそうですよね o(≧▽≦)o



DVC00227.jpg
とぉしゃんに抱っこされて笑っている様に見えませんか?




     ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆




それから、ハックの様子ですが

この頃ほとんどはベッドと酸素ハウスを往復しています・・



CIMG6252 - コピー
呼吸が落ち着かず酸素ハウスに入る前のハックン、、



1日に3回の強制排尿はとても辛そうで

1回の排尿に15~30分の時間を要するのもあって

(膀胱が伸びきってしまってなかなか出てこないんです

首の辺りの石灰化した部分と

脊髄が薄くなってしまった部分が傷むのか

尿を絞り出す動作や姿勢は

時間がかかる程苦痛を伴う様で

鼻をヒクヒクさせて開口呼吸になってしまい

なるべく痛くない負担のかかりにくい姿勢を探しながら

絞り出す事は辞めて、お尻からお腹にかけてマッサージしながら

トントンと刺激も少し与えながら排尿させています。。



DVC00395.jpg
ハックのレントゲン、、私にはわからない




フェレットの男の子は膀胱からでた尿道がUターンしていて

お腹辺りにおちんちんがあるので排尿させにくくて

尚更時間がかかってしまって

ハックもかなり辛いと思います・・

私もヘタッピだから中々出ないし、、ハックが辛そうになってくると

もぉ悲しくなってきますっ・・(ノω・、)

けど焦っちゃうとハックに伝わっちゃうから

そんな時は一息ついて、歌を歌いながらゆったりと、、、

こんな調子で毎日頑張ってもらってます(;´▽`lllA`` 



たまにララーの時の強制給餌を思い出して

私はいつも強引に何かしてる

もぅこんなの嫌だよ~

って心の中で弱気なことを思っちゃいます

もっともっと大変な思いをしている人もたっくさんみえるし

一番辛いのは目の前のハックンなのに・・・


   ***  <(__)>  ***


それでもそんな中

6日前にハックを病院に連れて行った時に

初めて鎮痛剤の注射を試してみた際に

帰宅してからその後2日間は目に力もあって

ベッドから這い出てかなりの時間をかけてだけれど

3メートル位お散歩もできました(´∀`ヘ)




CIMG6264 - コピー
よいしょ!よいしょ!って聞こえてきそう


CIMG6260 - コピー
「疲れた~」って言ってます一休みしながら、ゆっくりね




その先にあったダイニングチェアーの足に付けたハンモックに

入りたそうな素振りをしたのでそこで横にさせると

大好きなハンモックですっご~く久しぶりに

少しの間眠りました

きっと嬉しかったんだろ~な~



CIMG6259 - コピー
頑張ったねハックン



病院後2日間は酸素ハウスに入ることもなく

穏やかに過ごす事もできました



               


               ★




それまでは開口呼吸の原因は

多分、胸にある腫瘤のせいで呼吸が苦しくなるのではないかと診断されていたので

鎮痛剤の注射など打つこともなかったけれど

前回のレントゲンで脊髄が少し薄くなってきたことや

首の辺りも石灰化している所がある事がわかり

もしかしたら苦しいのではなく痛みからくるものかもしれないと

試しみた甲斐がありました



CIMG6241 - コピー
       CIMG6238 - コピー
        調子良さそうな顔ですよ~



でもっ、、その後(病院後)3日目でまた辛そうな時間が多くなって

昨日は抱っこも呼吸が荒くなってできず

一日ほとんど酸素ハウスで過ごしました。

注射代わりの鎮痛薬もいただいたけれど

あまり効かないので今日また病院に連れて行き

鎮痛剤の注射をお願いし打っていただいたら

帰宅後落ち着いて寝ています(*ov.v)o

このまま今日一日過ごせますように・・・



CIMG6295 - コピー
薄目開けてるけれど寝てるんです




先日といい、お返事ですがまだしばらくはお休みさせてください

 出来ないならコメント欄開けるな~ってところですが

 みなさんの温かい声にとっても支えられています・・

 どうか甘やかせて下さいねっ

 お願い致しますぅ~<(__)>



       CIMG4888 - コピー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。