我が家のにゃんことフェレットの日々をぼちぼち綴ります^^
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 通院
2009年08月29日 (土) | 編集 |

今週水曜日、ハックを病院に連れて行きました




コピー ~ CIMG0988
                              珍しく自らキャリーにはいりました
  


ハックは月に1度リュープリンという注射を打つ為に病院に通っています




コピー ~ CIMG0989




これは過剰ホルモンの分泌を抑え


副腎疾患の諸症状をを改善する為の注射



この注射のお陰で、あちこちの薄くなっていた毛皮がちゃんと生え揃いました




コピー ~ CIMG0992
                                    今回は鳴きませんでした  



でも、心配なんです




今現在、ハックは色々な検査で副腎腫瘍の疑いをもたれていて


様子を診ていく為にこの注射を春位から投与し始めたのだけど


リュープリン注射が効いて毛皮が揃い始めたという事は・・


副腎腫瘍の可能性が益々高くなったという事ではないですか


不安になったので先生に聞いたら、「そうゆうことになりますね・・」と・・




コピー ~ CIMG0991
                                         もうすぐ終わるからね~



そろそろ前回の検査から半年近く経つので


また沢山検査しなければいけないんだろうな・・


ちょっと怖いです・・・








それから、ハックは他にも病気をもっています


高グロブリン血症

肝臓疾患

前立腺尿道肥大


と、、前回レントゲンにリンパ種らしきものも発見されてしまいました




コピー ~ CIMG0993
                         お利口だったねお薬もらったら帰ろうね



けれどね、、ハックは元気です


今朝もおやつくれよぉ~~と


私の足元にやってきて


足をかきかき催促してきます




コピー ~ CIMG1024




そしておやつを食べたらレオンと追っかけっこをしていましたよぉ





病気を持ってる様になんて全く見えません


今はとにかく元気一杯です


なのでみなさん、心配しないで下さいね




ハックのその元気パワー

私の目一杯の愛情



病気なんてフッ飛ばしちゃうわさ~~~っ




コピー ~ CIMG1022








しかし・・ほんと~にフェレットは病気の多い動物だと思います


その原因は生後数週間以内の去勢・避妊手術によるものからだそうですが


可愛いさかりの生後5週間~8週間迄位にはショップに到着させる為に


本来ならば身体が出来上がる半年位に行う手術を


産まれて間もないフェレット達に施してしまうらしいのです


そうする事で、小さい可愛らしい大きさを保ち飼育しやすくするのです。
    (本来はおおよそ成猫程位の大きさになります





私がハックと暮らし始めた時、他に姫と華も2匹いましたが


上記の様な事は何も知らず、ただ可愛く飼育しやすいからと


ハックを迎い入れました・・・



コピー ~ NEC_0075 仲良く2匹でねんね


コピー ~ NEC_0003 画像が悪くてスミマセン




まさに、生産者の思惑どーり






本来あるべき姿を


本来あるべきでない姿に変えてしまった人間・・


その為に引き起こす病気の数々・・


そして、そんなハックと暮らす私・・私も人間・・


そんな事考えた時は、何だかちょっと落ち込んじゃう私でした




20090829104406d84s[1] 2004・12・24ハックがやってきた~



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。