我が家のにゃんことフェレットの日々をぼちぼち綴ります^^
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 お空も心も晴天なり
2013年10月22日 (火) | 編集 |




ニャンの事、一緒に心配して下さったみなさま

メールや電話で励まして下さった猫友さんや友人達

心から、ありがとうございました~(ノ∀`)ゝ




結果がわかるまで1週間と聞いていましたが

実際9日間もかかって

1週間目から9日間での間は特に不安で仕方なかったです

何をしていてもニャンの事ばっかり頭をよぎって

めまいはするし、気持ち悪くなるし(どんだけ軟弱なんでしょう^^;)

大袈裟かもしれませんが、何度も自分に喝を入れて過ごしてきました




結果は先にもお話させていただきましたように

良性の腫瘍とゆうことで、心配はないとのことでした

それでなければ、肉芽腫だという話でしたが

これもまた大丈夫だったんですっd(≧▽≦*)

詳しい話は病院へ行かなければわかりませんが

脂肪腫でもなく(その仲間らしいですが・・)

細胞の組織を調べるとそれらはケラチンが酸性化したもの?

だと言われました・・

しっかり聞いてこなくっちゃ





薬を飲ませるのがかなり困難なニャンなので

何の治療もしなくていい事が本当に嬉しいです(*≧◇≦)/

ただ、定期的に視ていかなくてはなりません・・

悪いものに変わっていくこともあると・・

それならば取ってしまった方がいいのかとたずねると

腫瘍のできた場所が場所なので、傷が治りにくい為に

本にゃんが歩行等しばらく辛い思いをするので

取らなければならなくなった時に取りましょうと言われました

取らなければならなくなった時って・・

・・なんだか爆弾抱えてるみたいなんだわΣ( ̄Д ̄;)





それでも、本当に安心しました

先生と電話を切った後なんて

全身の力が抜けてソファーになだれ込んじゃいました

我慢していた?涙も一気にあふれて

日曜日だったので、とぉしゃんも居たんですが

ちょうど買い物から帰ってきたとぉしゃんが私を見て

『まじか・・』と私が泣いているので一瞬慌てふためいたみたいです

『うれし涙だわさ・・』って言った時のとぉしゃんの顔ったら( ´艸`)ムププ

『心臓に悪いわ~冗談やめてよ~』って

でも悪ふざけしてるわけではないですもん

たまたまとぉしゃんの帰宅したタイミングが悪かっただけですよね~( ´艸`)ムププ




この方↓もそれは喜んでいますよ~





083309 - コピー





最近私よりもニャンの方が好きみたいで

いっつもニャンにまとわりついていますぅ





083320 - コピー





ニャンは私を見つけてこちらに来ました





083338 - コピー





バンちゃんったら、、

目の前に来たニャンに何をするのかと思ったら

よしよしをはじめましたよ~~w(☆0◎)w





083342 - コピー





しかもかなりしつこい"o( ̄▽ ̄メ )。

バンちゃんも心配だったのかな・・





083349 - コピー





あまりにしつこいのでニャンは戻ってっちゃいました





ニャン、良かったね

本当に嬉しいよね(´∀`ヘ)





083219 - コピー





み~んなが守ってくれたんだよ

みなさんと、お空の尻尾隊のみんなにも

たっくさん感謝しようね





083154 - コピー





ありがとうございました





スポンサーサイト

 満点にゃんこ♪
2009年09月21日 (月) | 編集 |


昨日ニャンのワクチンに行ってきました


本来の予定では8月10日頃だったのだけれど


ニャンの様子を見ながら・・とゆーのか


ニャンが自らキャリーに入ってくれた時に・・って思っていたら


こんなに遅れてしまいました




コピー ~ CIMG1050




自らキャリーに・・なんて、、


普通にゃんこは、キャリー=病院だとわかってるから


入らなくって当然なんですが


我が家は、ベッドの近くにキャリーを年中開けっ放しで設置してるので


たまに誰かが入って寛いでたりするんです




コピー ~ CIMG0836




そこを狙う事約2ヶ月・・(予定日前含め・・)


やっと昨日マタタビ誘導作戦でベッドから


その横に設置してあったキャリーに自ら入ってくれました
(ちょっとお尻押したけど・・



コピー ~ CIMG1278




でも実はこの2ヶ月間に何度か入ってくれてるんだけど


病院が時間外だったり、、


私に用事がある時だったりと


タイミングが悪かったんですよね・・








ちなみに、、他の子の場合はこんなまどろっこしい事はしないですよ


レオンやチロは追っかけっこをしながらでも


強制連行しマスッ・・・






でも、ニャンは大病をしない限りは


すこ~しでも怖い思いはさせたくないんです・・
(どーせ病院行くなら同じじゃん!と思う方も見えるかもしれないですが・・)


保護時に与えた相当な恐怖・・


そして、1度目のワクチンから1ヵ月後の2度目のワクチンで病院に連れて行く際は


怖さのあまり、とぉしゃんに体当たりして鼻血を出した事もありました


・・・その時は触らせてもらえなかったから


鼻血も拭ってあげられず、私自身もまた辛かったので・・・・




コピー ~ CIMG0357



                   ☆

                   ☆

                   ☆

                   ☆

 

病院に着くまでの間、ずっと・・「ジッとしてたらすぐ終わるから頑張るんだよ


などと、励ましながら向かいました



コピー ~ CIMG1281

   
                   ☆

                   ☆

                   ☆ 



今回は前回診ていただけなかった検査などもお願いしました




保護から1年後の前回のワクチンは、レオンの通院する病院に連れて行ったのだけど
(レオンだけは別の病院です


受付でワクチンとその他諸々検査をお願いし


順番がきて、ニャンを預け数分後に


看護婦さんが


ニャンちゃんはワクチン以外は出来ないですね~


これ以上すると怪我人が出ちゃいますので・・・


って言われたんですよ


そんな事いう病院があるなんてびっくりでした


あの時はなんか、、淋しかったなぁ・・・・


レオンを連れて行くことも考えちゃいました・・



                   ☆

                   ☆

                   ☆

                   ☆ 


いよいよです、、


前回保護の際は、こちらの病院でもかなりの威嚇で暴れたので


看護婦さんが2人共皮手袋を装着し(


袋に入れられ、、マスクまでされてしまいました



コピー ~ CIMG1288



前から見ると・・・



コピー ~ CIMG1289






そして、、血液を採る為に腕の毛をカットして・・



コピー ~ CIMG1284
    コピー ~ CIMG1286



この後、検便検査や肛門絞り、爪切り、ワクチンをすませました



コピー ~ CIMG1287



最後の最後まで、、なんとニャンは一度も怒らずに


なんなく診察はおわり、先生も看護婦さんもビックリしていました



そして、先生に


「良い子になったね・・育て方がいいんだね~

今日は100点満点だね!」
と言われ



何気に出た言葉だったとしても、私はめっちゃ嬉しかった


ジーッとしてたら、すぐ終わるから頑張ってって言葉も


ニャンに届いたんだなって・・・







でもね、、、終わって待合で精算待ちしてた時に


キャリー越に「お疲れ様でした」って言ったら・・


シャーーー だって・・・


思わず、、ごめんなさいって謝っちゃいました



コピー ~ CIMG1290



検査結果は明日でます・・


どーぞ健康体であります様に・・・・




 ニャン家族の保護☆後編
2009年09月16日 (水) | 編集 |


初めて訪れた病院はこじんまりとしているのだけれど

先生は獣医学博士の称号をもたれていて

S・C・R協会会長でもあり地域猫の避妊・去勢手術などには

とっても力を入れてみえて

外猫さんにも優しい先生なので

安心して3匹をお願いできました



コピー (2) ~ CIMG0149




まず最初にケージから仔猫2匹を出し

検便を・・ 

当たり前の様に先生は・・「2匹ともいるね~!薬~」と看護婦さんにいわれ

奥に連れて行かれ、そこで薬の投与をして

FIV・FeLV検査、三種ワクチンと猫白血病のワクチンも接種・・

そしてニャンの番になった時・・

も~~~見たことのない鬼の形相に変わり

フー シャー は当然ながら

唾を飛ばすような・・カッッ と言いながら頭を突き出すような威嚇・・

これが一番驚きで、ニャン・・こわっ・・て正直思っちゃいました



コピー ~ DSC01524




先生も「お~強烈な子がきたね~」といわれ

「この子そんなに強烈ですか」と聞いてみると

「たまにこうゆう子もいるね~」と返事が返ってきました・・・

・・・・え・・・たまにってことはあんまりいないんだ・・

なんて考えてるとさらに先生が

「この子はちょっと大変だから・・」と看護婦さんに何か指示をして

奥からまた1人看護婦さんがでてきて

合計2人の看護婦さんと先生が

見たことのない皮製の肘まであるしっかりした手袋を装着し

ケージ内のニャンをタオルに包み3人で手分けして

怒りまくるニャンを出しました・・

ニャンはとにかく必死に抵抗していて、なんだか見てるのが辛かったです・・



コピー ~ DSC02377




そしてニャンにも同じ様に検便とFIV・FeLV検査、三種ワクチン・猫白血病ワクチンを施し

ニャンだけ健康チェックの為に血液検査も追加して

避妊手術もお願いしました

手術は翌日行うそうで、入院を含めて3日後にまた来院する事になりました

**3匹共FIV・FeLV検査は陰性でしたホッ**




それからニャンをお願いし

仔猫2匹をに連れて帰ってきたけれど

ニャンがいなくなってしおらしくなるかと思いきや


さすがにニャンの子必死な威嚇

フー
シャー気合が入り


連れて帰ったケージから、大きめのケージに移し変えようとした時

正直少し怯みました・・・

特にニャンに似た白キジはとっても気が強く

白黒を守るかの様に前に立ち、私に思い切り威嚇してました



大丈夫・・怒らなくていいよ・・もうなんにもしないよ

ご飯たっくさん食べて、いっぱい元気になって、優しい里親さん探そうね

・・しばらくケージ越に仔猫とおしゃべりをして

名前を白キジはモカ・白黒はチョコと名付けました(2匹共♀です



コピー ~ NEC_0101




・・この日の夜は、チョコがず~~っと鳴いていて

ニャンが恋しいんだと思うとちょっぴり切なくなったものです



次の日、、ニャンの避妊手術・・

「無事に終わりましたから・・」と連絡が入った

よしっニャンも頑張ったから私も頑張って里親さん探さなきゃ

と、まずは友達・・知り合い・・バイト先・・へと連絡を取りまわりました

次にチラシ作成

なぜかこの頃PCでの募集は考えていなくって

身近な所で見つけたいと思っていました



コピー ~ DSC02465




そして3日後・・二ャンお迎えの日

ニャンに会える嬉しさでワクワクしながら病院へいきました

でも、、そこで見たニャンはなんだか一回り小さくなって
 (3日間ご飯を食べなかったそうです

顔付きもますます鋭くなっていていて

怯えきってました

保護前から人間にはかなりの警戒心を持っていたニャン・・

保護からの毎日が恐怖との闘いでこんな姿にしてしまったのかと思うと

不憫でしかたありませんでした

ごめんねニャン・・これからはゆっくり過ごしていこうね・・



コピー ~ NEC_0156
          (帰宅した日のニャン



帰宅後、最初は仔猫達と対面をさせようと考えていたけれど

こんなニャンを会わせたら仔猫は益々人に懐かなくなってしまうと思い

心を鬼にしてニャンを別の部屋へ連れていきました・・


でも、不思議なんです・・・  わかるんですね・・・

互いが互いを呼び合って鳴いていました・・

この日は夜中中ずっと鳴いていました・・

これには私も胸が張り裂けそうな想いでした

  

コピー ~ CIMG0498
     



そして、1週間程経ち・・元バイト仲間Dくんから連絡がはいりました

「仔猫見たいって職場の子が言ってるけど、明日行ってもいい

これには私も嬉しくって「もっちろんだよおいでおいで~」と・・

チョコはちょうど懐くようになってきたところで

モカは時折小さくシャーしてましたが可愛さは充分伝わるし

もう少し時間があれば懐かせる自信はあるし


とにかく可愛いチョコ&モカを見てもらおうと思いました


・・そして次の日、Dくんは職場仲間の若いお兄さんとお姉さんを連れてきました

そして、2人に仔猫を見せると・・「かっわい~~っと声を揃えて言って下さり

「抱っこいいですか」とお姉さん

側にきたチョコを抱き上げお姉さんへ・・


コピー ~ DSC00547



ついでに、モカも抱き上げ「シャーだめだよ!」って耳打ちしてお兄さんへ・・



コピー ~ DSC00548



そしたら・・なんとまぁ、、チョコもモカもなぜかとっても大人しくって

いい子にナデナデされながら、そのまましばらくおしゃべりをしていました

そしてまたしばらくするとDくんが

「2人共そんなに可愛いなら、このまま連れてかえっちゃえばと一言・・


まさかね・・と思っていた私に「ほんと~いいですか


お姉さんが嬉しそうに言うと、お兄さんもにっこり笑って・・

・・その後色々話し合い、この方達なら大丈夫だとDくんの保障も付いたので


なんとこの日にチョコもモカもお引っ越しとなりました


急過ぎて私の心の準備が出来ていなくって

チョコ&モカを見送った後、玄関でしばらく泣いちゃいました

部屋に入ったらすぐにニャンにも報告したけれど

心なしかニャンの顔も淋しそうでした




その後、チョコはみ~ちゃんと名付けられ、甘えん坊のお転婆娘となり

お姉さんは「可愛いから見て~」と写メなどをよく送ってきてくれます


コピー ~ NEC_0008
               コピー ~ NEC_0160




モカはハナちゃんと名付けられ、最初はシャーしてたようですが

大きな愛で家族皆さんに可愛がられ、元気いっぱい過ごしてる様です



コピー ~ NEC_0161
          コピー ~ NEC_0007




み~ちゃんもハナちゃんも幸せになって良かったね


お姉さん★お兄さん★

これからもニャンの子供達を宜しくお願いしますね




コピー ~ DSC01406




そしてニャンですが、この後・・ご飯とトイレ以外は姿を見せず、なかなか懐かずに

普通に撫でさせてくれるまで1年半少々の時間がかかりました

半年程前には、やっと穏やかな顔付きになったけれど

まだまだ全開ではありません

そのあたりの事は、今後またぼちぼちとお話させていただこうと思います。。




長い長~~い長編記事を最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました~~\(*^0^*)/

そして、お疲れさまでした~



 コピー (2) ~ DSC00536
  

 ニャン家族の保護☆前編
2009年09月09日 (水) | 編集 |


今日の昼間は涼しい風が部屋中をふきぬけて

達もそれぞれお気に入りの場所で爆睡でした

さて、今日はいよいよニャンの保護です

また長くなりますが聞いて下さいね



コピー ~ CIMG1032



                     ☆

                     ☆

                     ☆




まずはその方法で・・

親子3匹揃って無事に保護するにはどうすればいいのか・・

子供達は仔猫といえど

これまた母に似て物凄い威嚇をいっちょ前にするし

外での素手掴みは到底難しい

捕獲器はないし、、仮に病院で借りられたとしても

1匹ずつの保護になる為に3匹確実に保護できるかとゆう不安

他にネットの中の記事には

捕獲器での保護は結構大きな音がする為に

猫が益々怯えるだとか怪我をする可能性も高い・・

だとか書いてあってどうも気が進まず

また他の方法を調べてる内に



フッとひらめいた



姫が病気の時に隔離で使っていたラビットケージがある

ケージにしては小さめだけど、大きめのキャリー位は十分にあって

上下で組み合わせる仕組みになっているもの。



コピー ~ CIMG1133


作戦はあまりにも大胆だけど


なぜだかこれだ~これに かけようと思いました



まずは底の部分を即座にベランダに設置して

この物体に慣れてもらおう

この中でご飯をあげることにしました



コピー ~ CIMG1125



・・警戒はするだろうとおもいきや

その日のご飯から、クンカふた嗅ぎ程度だけでなんのためらいも無くなく

ニャンは中に入りご飯を食べ出しました

続いておちび達も入り親子揃ってご飯をパクパク



出足好調~



コピー ~ CIMG0959



後は上部うちの床からベランダの段差を利用すると

この高さがちょうどいい視覚になって

ご飯を食べるニャン達には

見上げてみないとこの上部には多分気がつかない

でも警戒心の強い子だから、その日がくるまでベランダ扉の片側に隠してきました。



CIMG1129.jpg



                    ☆

                    ☆

                    ☆



そして一週間程経ち、いよいよ決行しようと思った朝は

起きた途端からハラハラドキドキしていました




コピー ~ CIMG0329




・・・そんな事とは知らず、いつもの様に三匹がやってきました


ドキドキドキドキドキドキドキドキ・・・・・・


いつもより慎重~にご飯を置く場所を定めて置いて・・


三匹が揃ってご飯を食べだしました・・


ドッキドキがMAXになってきたのがニャンに伝わらない様に


落ち着いて・・・


と自分に何度も言い聞かせて

片側の扉に隠していたケージ上部のこれまた上部を

そーっと、でもがっちりわしずかみし・・




コピー ~ CIMG1136




気がつかないでね・・・(>人<)・・と祈りながら


息を潜めて・・ニャン達の真上ロックオン


そして、そーっと背中辺りまで下ろしたら、、後は一気に下ろしました



ガシャーン



コピー ~ CIMG1127




その瞬間にニャン達は大暴れし


私は青ざめました・・・


なんと仔猫が1匹わずかな隙間から抜け出して


逃げてしまったんです



コピー ~ NEC_0109
          (↑逃げてしまった子
                   コピー ~ NEC_0103(←保護できた子)
   



今度は焦りました



とりあえずはニャンと仔猫のケージをしっかりセットし

大きな布を被せて「大丈夫だからね・・」と何度もニャンに声をかけながら

外の仔猫を探すと・・

少し離れた草むらの中からニャンを一生懸命呼んでいました

その声を聞いて又ニャンも仔猫を呼んでいました・・

この時、ニャンは一体なんと呼びかけていたのかな・・

今までに聞いた事の無い鳴き方でした・・・



コピー ~ CIMG0937



仔猫は私が近付けば近付く程どんどん離れてしまうし

困った私は、、まさに一休さん状態で

カラーン、カラーン、カラーン、カラーン(←考え中


無い知恵を振り絞ったら、、またまたひらめきました~




私がいなくなればきっと仔猫は近付いてくるハズ・・

なので、、ニャンがいる部屋は外扉を開けっ放しにし、内扉は閉めて

私は隣の部屋に隠れ、カーテンの隙間から仔猫が来るのをジーーッと待ちました



コピー ~ CIMG0347
当時の(奥に見える扉の所で保護しました




どれ位経ったでしょう・・30分位かな・・

仔猫の声が段々近付いてきました

そして、、、あがりました~~


間違いなく仔猫が部屋にあがったのを確認したら

そーっとベランダ越に隣の部屋へ行き、扉をバシッと閉めたのです



叫びましたよ~近所の目も気にせずに


よかったぁ~~~~ってね



コピー ~ CIMG0555



その後は、部屋に戻り仔猫と数分格闘~

シャーシャー言ってましたが

まだ2ヶ月にも満たない仔猫

そっと、、やっと抱き上げて母の元へ・・



そしてあらかじめ調べておいた獣医さんにをしたら

急にも関わらず、すぐに連れてきなさいと言ってくださり

3匹を連れていきました



コピー ~ NEC_0102



車内では3匹は怯えまくり、布から少しでも覗き込むと

容赦ないニャンの威嚇を浴びせられました




怖い思いさせてごめんね・・

でも、あとちょっとだけ頑張ったら

その先はなんにも怖いことないからね・・

ニャンちゃん、信じてね・・・

子供達も必ずみんな幸せになれるから・・





そんな事を話しながら、獣医さんに向かいました・・



コピー ~ CIMG1033



ハイ、すみません

まとめるのが苦手でして・・

またも次回に続かせていただきますね






 ニャンとの出会い☆後編
2009年09月06日 (日) | 編集 |

前回の続きですっ・・


いきなりはじまりま~す




                                    





ニャンを私に紹介してからのクロニャンは


その後1~2度姿を見せてくれたものの


それ以降は私の前に現れる事は二度となく


まるで選手交代をしたかのように


今度は毎日ニャンがご飯をねだりに現れる様になりました


最初は夕方だけ…


でも、、その内に朝も現れる様になって


しばらく前に仕事を辞めていた私は


毎日二度やってくるニャンが気になって


まだきてもいないのにベランダを覗いてみたり・・


友人と会っても、夕方迄にはちゃーんと帰ってきたりして


ニャンがやってくるのが楽しみになってきました
 



コピー ~ DVC00094




けれどこうして、毎日の様にご飯をあげていてもニャンは全く懐かずに


少しでもおかしな動きをしようものなら


これまたすっごいお顔でシャーしたり・・唸ったり・・・




コピー ~ DVC00193
                 コピー ~ DVC00105




・・その頃の私にはに対して、、こうなんじゃないかな・・


という自分なりの少しの理解はできる様になってきていて


ニャンを見ていると、人間からよほど怖い目に遭わされたんだと


思えてなりませんでした・・・




こんなに可愛い子なのにこんなに怖がって・・・可哀相に…





コピー ~ DVC00025




確かそう感じた日に


夕食時とおしゃんにニャンの話しをしていたら


「猫苦手だったのになぁ~変わるもんだな~」


・・と言われ



コピー ~ DVC00061




そういえばこれまでと違う感情が胸の中に芽生えた事に気が付いて


その頃いた姫や、ハックを眺めながら…


もし、ここにニャンが加わったらどーなるん…


…フェレが喰われるかもしれんか…


そりゃいかんに・・・


なんて、至って真面目に考えたりしていました



コピー ~ NEC_0055
              (左☆ハック右☆姫)



そして、 ある日のこと


毎度の様にベランダで左右眺めながらニャンを待っていると


隣の畑の方からゆっくり歩いてくるのが見えました


早速ご飯をキッチンで用意し戻ってくると


開けっ放しだったベランダの扉のレールに手をかけて


にゃん!と鳴くではありませんかぁ~~


その時に初めて心から、、かわいいっって思いましたぁ


でもね、、間違えちゃー駄目なんですっ


調子にのって触ろうとか、もうちょっと近づこうとか


やっぱりおかしな動きにはすべてウ~シャーーは変わらないですから・・




コピー ~ DVC00005




そうこうしている内に、ベランダから少し入った所まで


あがってくる様になりました


でもそれ以上中には入らず、いつも一定の所まで・・



コピー ~ NEC_0024
               コピー ~ NEC_0027



                ・

                ・

                ・

                ・ 



それからしばらくして、ご飯を食べているニャンの姿を見て


・・丸々してきたなぁ~でもお外で暮らしてるんだから


コレ位栄養つけとかんとねっ・・


なんて思いながら日々を過ごしていると


あんなに毎日やってきていたニャンが突然パッタリこなくなってしまいました




来る日も来る日も待ち続け、出かける時には置きえさもして


待ち続けてもニャンは現われなくなってしまいました





もし事故だったらどうしよう・・病気で苦しんでたらどうしよう・・と


頭の中はそんなことばかりを考えていて


何度も何度もニャンを探し回りました・・


でも、見つからない・・



コピー ~ DVC00134
               コピー ~ DVC00090




1ヶ月が過ぎ、、2ヶ月が過ぎた頃の早朝


ベランダでかすかな物音がしたのに気がついて


もしかして・・


と、慌ててカーテンをめくって外を覗いたら・・・





なななな、、、、、なんと


なんとそこには


ニャン小さな仔猫2匹



いるではありませんかっw(☆0◎)w






そーなんです、、


丸々していたのは、ご飯のせいじゃなくって妊娠していたんです



コピー ~ NEC_0017
(この2~3日後にしばらく姿を消しました
             お腹がパンパンです




この2ヶ月の間に、どこかで子供を産んで育てていたんですね


・・子供は1ヶ月半位の大きさで、ニャンはガリガリに痩せていました



コピー ~ NEC_0105
                 コピー ~ NEC_0110




いろーんな感情が一気に溢れ出て


泣きながらご飯を用意していたのを今でも覚えています






ニャンが姿を消した時から、それまであまり触れる事のなかったPCで


外猫の検索をする様になっていた私は


餌やりの無責任な行動・・についての記事を沢山読んで


これまでの自分のしてきた行為を反省していました





これはまさに最悪のパターンというのだろう・・


何にも考えずにやってきたことで


また外猫を増やしてしまった自分が情けなくって仕方がなかったです


無邪気にニャンにじゃれる仔猫を見て


なんて可愛いんだろう・・


でも、素直には喜んではいられません・・・


私がこの子達を幸せにしてあげなくっちゃいけないんだ・・・


でも、どうすればいいのかわからない・・




                   ・

                   ・

                   ・
                     
                   ・

                   ・




よし、、保護しよう


とにかく保護しなくっちゃ



絶対3匹共幸せにしてみせるに





にゃんこをまだよく知らない私でしたが



そう強く心に決めました








相変わらず説明が長くってごめんなさい
 

とりあえず、出会い編は終了で


次回・・保護に続かせていただきま~すっ



コピー ~ CIMG0500
       コピー ~ CIMG0315





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。